「代理店型」の特徴とは

様々な損保会社の商品を比較検討しながら加入先を決められる

代理店型の自動車保険は、ネット型の保険と比べると担当者との相談に時間が掛かることがありますが、自分が興味のある様々な損保会社の商品の料金や補償内容を比較検討しながら加入ができるといった特徴があります。そのため、過去に自動車保険の加入手続きをしたことが無い人や、自分にとってどういった商品が向いているのか分からない人は、代理店型の自動車保険に目を向けるのがおすすめです。最近では、国内だけでなく海外の評判が良い損保会社と提携をして人気の自動車保険の紹介をしている代理店も少なくありません。そうした中、ニーズに合う代理店を見つけるうえで実際に店頭で契約手続きを済ませた人の体験談を参考にすることが大事です。

ファイナンシャルプランナーに商品選びのアドバイスを聞ける

損保各社の自動車保険を扱う代理店の中には、個々の顧客のニーズに対応するために、ファイナンシャルプランナーの資格を持つ人材を配置したり、社内で育成を行ったりしているところが珍しくありません。そこで、将来を見据えて無理なく自動車保険を選びたい人は、ファイナンシャルプランナーをはじめとしたプロのスタッフの在籍状況をチェックしたり、顧客のレビューに目を通したりして相談先を決めるのがおすすめです。大手の保険の代理店の中には、店頭で相談対応を行っている主なスタッフの保有資格や経歴についてホームページ上で紹介をしたり、直接顧客から質問を受け付けたりしているところもあり、妥協せず店舗選びをすると良いでしょう。