「ネット型」の特徴とは

保険料が安く補償内容がシンプルなものが多い

ネット型の自動車保険の特徴として、直接損保会社や代理店の窓口で申し込みをする場合と異なり、保険料が安く補償内容がシンプルになっているプランが目立ちます。そのため、できるだけ保険料の支払い額を安く済ませたい人や、人身傷害や物損事故などの最低限のサポートを希望する人から広く選ばれています。大手の損保会社の中には、ネット上で保険加入を行う顧客を対象としたキャンペーンを実施したり、専用のカスタマーサービスを設置したりしているところも珍しくありません。そこで、なるべく時間やお金を掛けずに自分に合うプランを探したい人は、早いうちから各損保会社の取り組みを比較したり、ネット型保険の申し込み方を調べたりするのがおすすめです。

全ての申し込み手続きをオンライン上で完結することが可能

ネット型の自動車保険を扱う損保会社の多くは、全ての保険加入に必要な手続きをネット上で完結できるよう対応しており、多忙な人や店舗へ足を運ぶのが面倒な人にとって大きなメリットがあります。損保会社によっては、郵送で最小限の書類を提出した後、オンライン上で加入を希望するプランの手続きを取れるところが少なくありません。そうした中、スムーズに自動車保険の加入手続きを終えたい人は、複数の損保会社の新規顧客を対象としたサポートの良し悪しについて判断をすることが大事です。なお、新車を購入したばかりの人や、同じ車を長く使用している人はオンライン上での申し込みであっても手続きに時間が掛かるケースがあるため、余裕を持って対応を取るのがポイントです。