40代と50代におススメの自動車保険

ベテランドライバーに配慮された自動車保険を選ぶ

10代の後半~20代前半にかけて運転免許を取得した場合、40代と50代は運転経験が豊富な世代といえます。そのうえ、身体能力や判断能力もまだ十分にあるため、安定性の高い運転がしやすい年代です。つまり、交通事故や交通違反が少ない世代と考えることができます。そういった観点から、40代と50代に配慮した自動車保険も出ています。

具体的には40代と50代の加入者の保険料を安く抑えているのが特徴で、通常よりも節約することが可能です。40~50代で自動車保険の見直しをするなら、ベテランドライバーに配慮した保険を選ぶといいでしょう。ただし、だからといって慢心してはいけません。必要だと感じる特約をきちんと付け、安全運転に努めるのは大切なことです。

等級が高いなら割引率で自動車保険を選ぶ

早い時期から車の運転をしている場合、自動車保険の等級が最高ランクになっている人は多いのではないでしょうか。自動車保険の等級とは保険料の割引率などを決めるもので、運転歴や事故の頻度などに応じて変わります。通常は1~20等級で設定されるのが一般的ですが、保険会社によっては20等級より上の等級も存在します。過去に事故歴があったとしても、直近で何も事故を起こしていないなら、40~50代では20等級以上になっているのが一般的です。

自動車保険の見直しをするなら、等級による保険料の割引率が高い保険を選ぶと節約できます。もしも、一時的に運転をしないようなときは、加入中の自動車保険会社に「中断証明書」を発行してもらいましょう。次に加入する際、「中断証明書」があれば新規でも当時の等級をそのまま引き継ぐ形で安い保険料が適用されます。