年代別の自動車保険の選び方

40代以上の人は保険料の安さに定評がある保険商品に目を向けよう

自動車保険の保険料は、年代別の事故の発生率と大きな関係があり、会社の方針や加入プランによって違いがあるものの、一般的に40代から50代の保険料が安くなるシステムを導入しているところが目立ちます。そのため、40代以上で過去に事故を起こしたことが無い人や、ゴールド免許を保持している人は、保険料の安さに目を向けて加入先を決めるのがおすすめです。最近では、無事故無違反の40代以上のドライバーを対象に手ごろな価格で特約を付けたり、加入時に魅力のあるプレゼントを配布したりしている損保会社も珍しくありません。そうした中、長く安心してカーライフを過ごすうえで、早いうちから国内外の40代以上の人に選ばれている損保会社の特徴をよく理解することが重要です。

若い世代の人はネット上で加入ができる保険がおすすめ

10代後半から30代の若い年代の人は、40代以上の人と比べて毎月の保険料の負担が多くなる傾向があります。そこで、なるべく出費を安く済ませたい人は、ネット上で加入ができるプランを多数扱っている損保会社に注目をすることが大事です。若年層へのサポートに力を入れている損保会社の中には、期間内にオンライン上で手続きを終えた顧客に限定して保険料の割引を行ったり、契約更新時の手数料が掛からなくなったりするところもあります。その他、ネット上で自動車保険の契約をした顧客に対しても、損保会社や代理店の店頭での契約者と全く同じ条件で充実した補償を行っている損保会社もたくさんあるため、妥協せずに加入先の候補を探してみると良いでしょう。