「代理店型」「ネット型」の違いとは

保険や補償の内容に詳しくない方は代理店が安心

今自分が加入している自動車保険の内容がどんなものか、細かく理解していますか?車の修理、レッカーの手配、代車の手配、相手がいる事故であれば相手の車、ケガの補償など、保険の内容は事細かに分かれています。その分類された補償内容から自分に合った適切な補償を選び提案してくれるのが代理店です。実際に事故が起こった際も警察への届け出さえきちんとしておけば後は代理店へ連絡すれば保険会社へ手配の手続きもしてくれます。
その分ネット型より保険料は若干高め。ですが更新のお知らせも事前にきますし、手続きもお任せ。自動車保険は長くても3年ほどで更新になりますが「ついうっかり」な更新忘れで事故が起きた時に無保険!なんて事も代理店に任せておけば防ぐことができます。

保険料重視の方はネット型がオススメ

近年ネット型の自動車保険はCMでもよく見ますし増えています。一番の魅力は保険料の安さです!実店舗や人件費にかからない分同じ補償でも代理店型より保険料を抑えられます。スマホがあれば契約できる手軽さも魅力的です。 1つポイントがあるとすれば保険の内容や補償に関して多少の知識がないと、本当に必要な契約なのか判断に不安が残るというところでしょうか。 実際に事故が起こった時だけではなく、車を買い替えた時なども保険の見直しや内容変更が必要ですがそれも全て自分で手続きをしなければなりません。もちろん各保険会社さんにはそういった時の疑問や手続きをサポートしてくれるオペレーターの方がいますので、困ったときは助けてもらえます。